トップページ > 光回線 > 高速インターネットをしゃぶりつくせる光コラボ転用

高速インターネットをしゃぶりつくせる光コラボ転用

更新日:2017.1.15

光コラボモデル導入の中心になっているのが、旧来の「フレッツ光」からの乗り換え(転用)。窓口統一というメリットを最も体感しやすいし、元のフレッツの価格を知っているから、「安さ」についてもしっかり理解できるのです。

フレッツ光から光コラボに転用するとこんなメリットが!

月額料金が確実に安くなる

光コラボは、フレッツ光と同じ回線を使いつつ、契約窓口をプロバイダに一本化したサービスです。料金徴収業務・サポート等がプロバイダに一本化されるため、回線を提供するNTTではこれらを準備する必要がなくなり、人件費を削減できます。これはそのまま利用料金に転嫁されるので、フレッツ光の時よりも確実に利用料金を引き下げることができるのです。

NTT側ではフレッツ光に代えて光コラボを普及させようとしているため、各種の割引キャンペーンは光コラボでのみ盛んに行われるようになります。これらを含めれば、「お得度」はさらに上がっていくことになるのです。

乗り換え時の工事は基本不要!各種オプションサービスもそのまま!

光コラボで使用する回線はフレッツ光と同じものなので、「転用」の場合新規に回線工事をする必要はありません。ただし、フレッツ光の導入時期が古く、終端装置が100Mbps対応のものであった場合には、転用を機に1Gbps通信対応のものに変更することを勧められます。この際には、終端装置交換工事(持ってきた終端装置を光ファイバーケーブルに接続するだけですが)の実費が請求されます。

また、フレッツ光ではひかり電話やフレッツ・テレビなどのオプションサービスが利用できますが、光コラボでもそれらのオプションは引き継がれます。アナログ電話とフレッツ光を併用していた場合には、転用の際にひかり電話に切り替えることも可能です。この場合、アナログ電話の番号はそのまま維持できます。

プロバイダ固有のお得サービスが受けられる!

携帯電話キャリア系のプロバイダの場合、同じキャリアの携帯電話を使用していると携帯電話料金の割引を受けられます。家族も同じキャリアを利用していれば人数分だけ割引が適用されるので、お得度はさらにアップします。また、最近ではプロバイダが格安SIMのサービスを提供するようになり、同時申し込みで格安SIMの料金を引き下げることが可能です。ポイントサービスを扱っているプロバイダだと、月額料金にポイントを適用し、さらに安くるということもできます。

サポート窓口が一本化されたらい回しの恐怖から解放!

光コラボモデルの目に見えるメリットの一つが、「支払い・サポート窓口の一本化」です。これまでの場合、トラブルが発生したらまずはその原因が回線にあるのかプロバイダにあるのかを特定し、それから業者のサポートに連絡することがありました。パソコンの知識があまりないユーザーにとって、これはかなり苦しいことでした。

「それはプロバイダの責任範囲ではなく、回線の方ではないですか?(あるいはその逆)」などと言われ、サポート間をたらい回しされる、という事故も少なからず発生していました。サポート窓口の一本化は、こうした事態を避けることにも繋がっています。ただし、いくらサポートが一本化されていたとは言っても、ネットワークケーブルが外れていたなどの家庭内ネットワークに原因があるケースまで面倒見てはくれない(オプション料金を払えば対応してくれるところもあるにはあります)ので、そのあたりは自分でチェックするようにしましょう。

転用手続きはネット上だけでかんたん3ステップ!

1.「転用承諾番号」を発行してもらおう

既存のフレッツ光の回線を光コラボに転用するためには、まずNTT側から「転用承諾番号」を発行してもらう必要があります。「転用承諾番号」は11桁の英数字で、先頭はE(東日本)またはW(西日本)になります。次の4桁が有効期限で、最後の6桁が固有番号です。これを発行してもらうためには、NTT東西の指定のページに行き、必要事項を入力するだけです。入力に当たっては、いくつかの固有情報が必要です。そのうち一番面倒なのは「お客様ID」ですが、これは契約者の連絡先電話番号等で代替できます。あとは契約者名・利用場所・支払い方法などですので、契約者当人なら問題なく入力できるでしょう。

2.光コラボ業者に申し込み、書類を受け取る

「転用承諾番号」を受け取ったら、光コラボサービスを提供しているプロバイダのホームページに行きましょう。書式はまちまちですが、必ずネット上で契約を行うことのできるページが用意されています。そこに必要情報を入力すれば、まず受付確認のメールが送られてきます。ここで手続き終了、となれば楽ちんこの上ないのですが、さすがにそこまで簡単にはなりません。この受付確認メールの後、必要書類が郵送されてきます。

もちろん、受付確認メールがなければ、書類が届く可能性は極めて低くなってしまいますので、メールが来なかった時は業者のサポートに連絡し、メールが届かなかった旨話しておきましょう。稀にですが、セキュリティソフトが業者からのメールを弾いてしまった、ということもあることはあります。

契約書類はプロバイダごとにまちまちで、接続マニュアル等もあってどれが重要かどうかわかりにくいのですが、絶対に必要なのはIDとパスワードです。基本的に、インターネット接続に利用しているルータなどの設定ページを開き、このIDとパスワードを入力して再接続してやれば、光回線の引き継ぎは完了します。

3.旧プロバイダの契約解除を忘れずに

転用の場合、回線の契約はプロバイダ経由で引き継がれますから放置しても問題はありません。しかし、プロバイダの方はユーザーが自分で解約をしておく必要があります。接続には使用しないがメールアドレスだけは残しておきたい、という場合は、プロバイダの契約内容を変更してメール会員にしておくとよいでしょう。放置しておくと、毎月プロバイダから使用していないインターネット接続料金を請求されることになります。

光コラボを本当にお得に使うにはここもチェック!

フレッツ光の契約は複雑なので、プロバイダの解約などをしっかりしておかないと余計な出費を強いられます。また、プロバイダによってはそれ以外にも余計な費用がかかることがあるので、事前のチェックはしっかりしておきましょう。

プロバイダの違約金は解消できるかどうか

最近ではインターネット通信関連の料金は軒並み「◯年縛り」になっており、指定された更新月以外に解約すると違約金を請求されるようになっています。プロバイダの光回線インターネット接続の料金は、「◯年縛り」が少ない部類に属しますが、それでも最近は数を増やしているようです。この場合、先に書いたように更新月でなければ違約金が請求されるのですが、回避も可能です。転用先のプロバイダの中には、転用時の違約金を契約者に代わって支払う、としているところがあります。違約金が気になる場合は、こうしたサービスを提供しているプロバイダを選ぶというのも一つの手です。

フレッツ光にはもう戻れない

フレッツ光から光コラボに乗り換えた場合、フレッツ光に再転用することはできなくなります。しかし、光コラボは回線そのままで手続きを簡略化して価格も引き下げる、というサービスなので、わざわざ元に戻す必要はほとんどないでしょう。また、今の光コラボサービスを解約して、別の光コラボサービスと契約することは可能ですが、光コラボから光コラボへの「転用」はできません。この場合、電話回線が光電話であった場合には、一度解約して番号を抹消しなければなりません。これを回避するためには電話を一度アナログに戻して別業者と契約という面倒が手続きが必要なので、注意しましょう。

工事費発生の可能性が微かに存在する

光コラボへの転用は基本的に工事費不要です。しかし、マンションタイプを一戸建てタイプに変更するなどといった場合には、工事が必要となり工事費も発生することになります。ただ、一戸建ての場合は最初から一本の光ファイバーで接続されているケースがほとんどなので、回線種類変更での工事発生は極めてまれなケースだと言えるでしょう。先に述べたように、旧式の低速回線契約をしていたユーザーの場合、終端装置の交換を勧められます。これを受け入れて交換した場合、その費用は「工事費」として請求されます。

え?逆に月額料金が上がってしまうことがある?

一戸建てで光ファイバーを導入していた契約の場合、光コラボへの転用によって月額料金が高くなることはまずあり得ません。ただし、集合住宅でこれまでVDSLはLANケーブルによる共有タイプの接続契約をしていて、光コラボ導入時に光ファイバー一本導入の方法に切り替えた場合、月額料金は高くなります(工事費もかかります)。これは非常にまれなケースです。ただし、VDSL接続の場合には最大速度は100Mbps程度でしかなく、光ファイバーに切り替えることにより接続速度が飛躍的に向上しますから、値上がりした分の元はしっかり取れるはずです。

正体不明の訪問セールスとの契約はできるだけ避けよう

光コラボへの転用は、プロバイダのWEBサイトから申し込むのが基本です。ただし、フレッツ光時代のように、代理店を使っての営業というのも行われており、「よりお得なインターネット接続に切り替えませんか」との電話がかかってきたり、セールスマンがやってきたりすることがあります。

これらの業者の中には、契約書を作成したはいいがその後いつまでたってもID・パスワードのある書類を送って来ないようなところがあります。端的に言うと、住所や氏名などの個人情報を集めることを目的にした詐欺組織です。こうした業者の場合、個人情報が得られれば後はどうでもよいので、必要以上にクーリングオフについての説明を強調し、利用者側から断らせるように仕向ける場合もあります。昔はインターネットでの契約の方がいかがわしく、電話や訪問の方が信頼性が高かったのですが、今では逆転してしまいました。考慮する時間が十分確保しにくいので、電話や訪問による勧誘は避けた方がよいでしょう。

基本的にはメリットの方が多い光コラボへの転用

光コラボのメリットを端的に言うと、「支払いとサポートの一本化」「月額料金ちょっと値下がり」「オプションで携帯等も安くなることがある」の3つだと言えるでしょう。特に最初の2つは、どのような業者でも確実に得られるメリットです。デメリットの最大の点は、「さらに別のプロバイダに切り替えようとした場合、ひかり電話の番号維持が難しい」ということですが、これは将来的にはなんかの形で解決策が提示されるものと思われます。

この記事を書いた人
清水コウタ / 元某量販店の販売員

某家電量販店でのスマホと光回線の販売経験あり。鋭い切り口で目的にあったネット回線を選びます。

shimizu.kota

この記事のシェアはこちらから

コメントを残す

*