NET.LINE

プロバイダ乗換をサポート

IPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)接続サービスの仕組みと選ぶ際の注意点

最近話題の「IPv4 over IPv6」サービス。フレッツ光や光コラボでネット回線が遅いと悩んでいるユーザーにオススメのサービスですが、そもそもどういったサービス?メリット・デメリットは何?と疑問に思っている方も多いはず。そんなIPv4 over IPv6を解説します。

「IPv4 over IPv6」とは何?

現在のインターネットではIPv4通信規格、PPPoE接続方式が主に使用されています。IPv4 over IPv6では、渋滞が起きているPPPoE接続の網終端装置を通らないでインターネットに接続することで回線速度の低下を防ぐ接続方法です。

チェックポイント

IPとは「インターネットプロトコル」の略で、インターネットに接続されたデバイス(スマホやPCなど)がデータの送受信に必要な通信規約のことです。インターネット上のデータはパケットという単位に分割してやり取りします。これをバケツリレー式にルータと呼ばれる端末で中継してデータの送受信ができる仕組みです。

また、それぞれのデバイスを区別するために固有のアドレスを割り当てています。これを「IPアドレス」と言います。現在IPはバージョン4とバージョン6が混在した状態ですが、現在、主に使用されているIPv4では割り当てできるIPアドレスに上限があるため、ほぼ無限にIPアドレスを割り当てできる次世代のプロトコルとしてIPv6が注目されています。

フレッツ光や光コラボではNGN(フレッツ網)を通り、インターネットに接続しています。NGNで通信できる方式としては、IPv4(PPPoE)、IPv6(PPPoE)とIPv6(IPoE)の3種類です。

PPPoE接続は、NGNから各プロバイダに接続するために網終端装置を通す必要があるため、ここのトラフィックが増えると、渋滞が発生し徐々に速度低下していきます。光コラボで速度低下してしまう理由の一つは網終端装置の渋滞です。


引用元:http://www.jpne.co.jp/service/v6plus/

IPv6(PPPoE)ではIPv4(PPPoE)と同様、NGNの網終端装置を通ることになるので、IPv6にしたとしても速度の改善は期待できません。一方、IPv6(IPoE)は、VNE事業者が提供する設備を通るため、網終端装置やその先にあるプロバイダ設備を通らないため、渋滞している道を使用せずに済みます。その結果、渋滞による速度低下が起きずに快適にインターネットをすることができます。

ただし、IPv6で通信するには、接続先(WEBサイトやサービス)もIPv6に対応していないと接続できません。そのため、お互いがIPv6対応でない場合、IPv4(PPPoE)接続となるため、IPoE接続による速度改善は望めません。

そこで登場したのが「IPv4 over IPv6」です。IPv6の通信パケットの中にIPv4をカプセル化しIPv6で通信できる技術です。これによって、IPv4のみ対応サービスであっても、IPv4(PPPoE)で混雑する網終端装置を通らずにインターネットに接続ができるため、安定した高速通信ができます。

VNE事業者とサービス名

フレッツ光や光コラボでIPv6(IPoE)接続するには、VNE(Virtual Network Enabler)事業者がNTT東西と個別に契約し、プロバイダに代わってIPv6インターネット接続サービスを提供しています。VNE事業者は、IPv6ネットワークを敷設・運営し、NGNとの相互接続します。NTT東西とプロバイダとでは、直接契約が存在しないのがIPv6(IPoE)接続の大きな特徴です。

接続事業者 サービス名 通信方式
BBIX IPv6 IPoE+IPv4 ハイブリッドサービス 4rd/SAM
JPNE v6プラス MAP-E
ビッグローブ IPv6オプション MAP-E
FreeBit v6プラス MAP-E
mfeed(インターネットマルチフィード) transixサービス DS-Lite
NTTコミュニケーションズ OCN v6アルファ -
ASAHI ネット IPv6接続機能 -

プロバイダは、VNEが提供するIPv6接続(ローミングサービス)と契約をしています。契約したVNEを利用してIPv6インターネット接続を実現しています。ですので、プロバイダはIPv6ネットワークを直接運用はしておりません(一部のプロバイダ除く)。個人ユーザーがIPv6接続するには、VNEと直接契約することはできませんので、IPv6接続するためプロバイダが提供しているIPv6サービスを利用する必要があります。

どのVNE事業者も網終端装置を通さずにIPv4へのインターネット接続ができますので、最大のメリットである網終端装置が原因の速度低下の改善はVNE問わず実現できます。ただし、IPv4 over IPv6の技術的な仕組み上、VNEによって必要なルータ機器が異なりますので、各プロバイダのIPv4 over IPv6サービスで必要なルータ機器を事前に確認しておきましょう。

BBIXのIPv6 IPoE+IPv4 ハイブリッドサービスは、2019年5月時点でソフトバンク光のみで提供されており、ソフトバンク光でレンタルしているBBユニットが必要になります。JPNE・ビックローブ・FreeBitのMAP-Eは、ひかり電話ルーターや「MAP-E」対応の市販ルーターで追加機器が不要で使用できます。非対応ルーターの場合、MAP-Eに対応したルータを購入またはレンタルする必要があります。

インターネットマルチフィードのtransixは「DS-Lite」対応の市販ルーターを利用できますが、ひかり電話ルーターは非対応ですので、新たにルーターのレンタルか購入が必要になります。

IPv4 over IPv6の注意点

IPv4 over IPv6は仕組み上、IPv4のIPアドレスを複数ユーザーと共有するため、IPアドレスの占有ができません。そのため、VNE側でポートを指定し、データ通信をしているため、自由に特定ポートを開放するということができず、一部のサービス(PS4のオンラインゲームなど)が利用できません。主にできない点としては、以下のとおりです。

  • 固定ipが使えない
  • PPTPを利用するサービス(VPNなど)が使えない
  • SCTPを利用するサービス(Linux kernel・Solaris・AIXなどのOSなど)が使えない

ただし、すべてのオンラインゲームが使用できないということはではありません。「オンラインゲーム側で特定ポートを指定している」「PS4本体をサーバーにする」「P2P型のオンラインゲーム」の場合などです。

PS4とNintendo Switchのオンラインプレイを検証してきた。今回特に感じたのは、同じ無線Wi-Fi接続でも、回線が早いと安定度が段違いだということだ。今回の検証のためにネットで各ゲームのプレイ状況を調べてみたが、「つながらない」、「落ちまくる」という悲鳴も少なからず目にした。だが、筆者が今回検証する中でそういうストレスがたまるトラブルは1度も起きなかった。

今回試した8つのタイトルはいずれのオンラインモードも問題なく接続して、安定したプレイをすることができた。もしすでにNTTの光回線を引いていて、ゲームが遊べるかどうかを不安に感じているなら、v6プラスの導入は十分考慮していいのではないかと思う。

引用元:【特別企画】「v6プラス」でのNintendo Switchオンラインプレイを検証
引用元:【特別企画】JPNEの高速回線サービス「v6プラス」でのPS4オンラインプレイを検証

上記のとおり、有名どころのオンラインゲームでは特に問題なく動作しているとの事例もありますので、マイナーなゲームや使用方法でない限りはそこまで気にする必要はないと思いますが、必要に応じて、ゲームメーカーやプロバイダに動作するか確認をしましょう。