トップページ > 格安SIM > 海外旅行用!レンタルWi-Fi最新ランキング3選

海外旅行用!レンタルWi-Fi最新ランキング3選

更新日:2018.7.21

ストレスフリーなネット環境を少しでも安く!

Googleマップで場所を探したり、待ち合わせにLINEを使ったりと、海外旅行や海外出張の際にもスマホは必須アイテムです。そこで今回は、海外で使えるネット環境を探していきます。

空港で借りて、空港で返すが定番

海外でスマホを利用するなら「レンタルWi-Fi」が定番です。少し前までは、海外出張しているビジネスマンがノートPCでネットを使うために利用されることが多かったのですが、スマホの普及により、海外旅行者のためのサービスに変わってきています。接続もポケットサイズのWi-Fiルータをスマホに接続するだけというお手軽さです。

利用手順は、海外旅行のスケジュールが決まったらネットから「予約申し込み→空港で受け取り→海外で利用→空港で返却」という流れが一般的です。大容量プランが必要な場合、必須オプションを含めて1日1500~2000円が相場です。基本はWi-Fiルータにスマホを接続させるだけなので知識はほとんど必要ありません。簡単に使えるのが「レンタルWi-Fi」のメリットになります。

ただ、デメリットもあります。現地で故障した場合、現地の営業所があるわけもありませんので、使えなかったらそれまでです。また、レンタル品なので誰かが前に使っていますので、必ず美品というわけでもありません。返却を忘れれば、延滞金がかかりますし、海外SIMと異なり、Wi-Fiルータ用の充電器も必要です。

メリット

  • スマホやネットに関する知識がほぼ不要
  • スマホ以外にもタブレットやPCでも利用可能
  • 同行者も一緒に使用できる

デメリット

  • 利用する前に必ず動作確認が必要
  • バッテリーの持ちがスマホより悪い
  • 現地での故障時の対応はほぼ不可能
  • 美品でない場合が多い
  • 返却する手間と返却忘れに注意
  • 価格はやや高め
  • 荷物が増える(Wi-Fiルータ分)

海外レンタルWi-Fiの選び方

価格?速度?いいえ、サポートがすべてでした。
結論から言えば、価格や速度よりもサポートを重要視すべきです。とくに「ちゃんと使える安心感」が大切です。まずは「サポートを重視するか・しないか」からはじまり、その次に価格や料金を選ぶ流れにするのが理想的です。もちろん、サポートを重視する会社は、価格が高めに設定されていますが、その「安心感」はスマホ初心者にとってはとても大きなメリットになります。

予約のしやすさ

一筋縄ではいかない申し込み
会社によって申込フォームが異なります。エリアでいえば、「台湾」であれば「東アジア」から選択できるところもあれば、「台湾」と検索して選択できるところもあります。どの会社も入力項目が多いので予約はパソコンで行うことをおすすめします。

サポートの充実度

サポートの質の差が大きい
多くの会社は、サポートを受けるために国際電話を使って日本のサポートセンターに連絡といった流れです。どの会社でもメールでの問い合わせにも対応していますが、すぐに相談したいときに国際電話というのはなかなかハードルが高いです。また「接続に不安がある」といった内容に対して、即座に答えてくれる体制が整っているのかも事前に確認しましょう。

料金・容量の明瞭度

高いほうがサポート充実の傾向
たとえば「台湾で4日間」プランでも、各社6000~8000円と2000円近くの開きがあります。さらに「安心パック」「大容量パック」などのオプションがあり、どれが自分にとって必要なのか判断が難しいところです。もし、どれを選べばいいのか悩んだ場合は「使い放題」か「一日1GB」を、また、レンタル品が故障したときの「安心保障」を選択しましょう。海外旅行でそこまで通信量が発生しないかもしれませんが、大は所を兼ねます。それ以外のオプションは必要ないものが多いです。

受取・返却のしやすさ

「自宅」での受取りが最強!
レンタルWi-Fiの場合、空港にある受取カウンターか郵送での受け取りになりますが、一部の会社では空港のロッカーで受取れるサービスも登場しています。空港のカウンターやロッカーどちらにしても受取の場所が遠くかなりあることもざらです。また、繁忙期はカウンターが込み合うこともあり、想定以上に時間が取れることもよくあります。レンタルWi-Fiをするのであれば、自宅への郵送が断然楽です。

安定した通信速度

どこの会社も大差なし
台湾でテストをしたデータによると、どの会社でも通信速度の安定性にそれほど大きな違いはありませんでした。レンタルWi-Fiの特性上、ルーターの機種や回線の契約によって、不確定な要素がいくつもありますが、スマホ利用をした際に不便に感じることは特にありませんでした。

端末・付属品の利便性

端末の重さに注意!
同じ会社から借りても届くWi-Fiルーターは別機種なんてことも少なくありません。端末によっては、重量が見た目以上に重かったり、大きかったりと持ち運びに不便なこともあります。付属品は、充電ケーブルとコンセントプラグ、予備バッテリーなどで会社による差はほとんどありません。どれを使っても使い心地は変わりませんが、端末によっては「はずれ」と感じることもあります。

海外レンタルWi-Fiのオススメ3選

グローバルWi-Fi

1日あたり料金
(1GB or 無制限)
平均速度(下り) 平均速度(上り)
2045円 約23Mbps 約18Mbps

料金は高め!料金を凌駕する充実サポート!
まずはサポート力が違います。電話サポートだけでなく、LINEやスカイプでのサポートをしており、国際電話の通話料金やメールのレスポンスの遅さを感じることなく、サポートを受けることができます。また、連絡先もレンタルした端末に書いてあるので安心。回線状況の確認もサポートに連絡すれば、数分で確認が取れます。ただし、延滞の場合、オプションを含めた料金が全額、延長料金になりますのでご注意ください。

イモトのWiFi

1日あたり料金
(1GB or 無制限)
平均速度(下り) 平均速度(上り)
2039円 約9Mbps 約9Mbps

予約のしやすさが抜群!
どのプランでいつからレンタルするのかがわかりやすく、WEB予約に慣れていない方でも、苦なく予約することができます。サポートは、メール・電話に対応しており、現地フリーダイアルがありますが、スマホ発信に対応していないのであまり使いどころがないかもしれません。ただ、注意としてはレンタル端末に接続IDとパスワードが記載れていることです。利便性としてはありですが、セキュリティ面で不安が残ります。スマホでレンタル端末を撮影すれば、IDとパスワードが把握できるので第三者による乗っ取りされる恐れもありますので、必ず端末はカバンの中に入れましょう。

Wi-Ho!(ワイホー)

1日あたり料金
(1GB or 無制限)
平均速度(下り) 平均速度(上り)
1941円 約17Mbps 約17Mbps

すべてが平均点。価格が安ければ…
サポートは電話・メールのみと初心者には不安が残るところです。ですが、「回線の接続状況の確認」をした際にはリアルタイムではないものの、比較的早く返信がもらえるのでその点は高評価です。ただし、レンタル端末に関して、種類やスペックが公式サイトで確認できますが、全端末が一覧になっているページがありませんので、レンタルした際に端末が違うなんてこともありますので事前確認はしっかりしましょう。通信速度は、平均17Mbpsとまずまずの結果です。

この記事を書いた人
清水コウタ / 元某量販店の販売員

某家電量販店でのスマホと光回線の販売経験あり。鋭い切り口で目的にあったネット回線を選びます。

shimizu.kota

この記事のシェアはこちらから

コメントを残す

*