トップページ > 光回線 > 一人暮らしなら光回線!快適なネット生活ができる3つの理由

一人暮らしなら光回線!快適なネット生活ができる3つの理由

更新日:2017.8.6

こんにちは。実は最近まで実家ぐらしだった清水コウタです!もともと、一人暮らしをしたかったのですがなかなかいい物件が見つからず、できずじまいでしたが、ようやく家が見つかり、先々月から一人暮らしをはじめました!一人暮らしをはじめてから、光回線選びにかなり四苦八苦しましたので、これから一人暮らしで光回線を選ぶ方のために、どの光回線がオススメなのか解説したいと思います。

光回線を導入する前に

マンションやアパートの集合住宅の場合、光回線を使用するためには「電柱から建物の共用設備」と「共用設備から部屋」の2つを接続する必要があります。ただ、そもそもネット回線が完備されていたり、光回線が指定の回線以外導入できなかったりすることもありますので、光回線の契約をする前に必ず確認をしておきましょう。

1.まずは「光回線」が使用できるかを確認

「インターネット完備」「インターネット無料」

賃貸のマンションやアパートによっては、ネット回線が備え付けの場合があります。「光回線完備」「インターネット無料」といった文言の内容が書かれていれば、ネット回線の使用量が管理費や共益費に含まれ、壁に備え付けのLANのコンセントがあるなら、LANケーブルを接続すればそのままネットを使用することができます。建物全体で契約しているネット回線になりますので、特に契約や工事は必要ありません。

ちょっとワンポイント
マンションやアパートの備え付けのネット回線は「回線速度が遅いのが基本」と覚えておきましょう。私も「インターネット無料」と書かれた文言に引かれ、物件を契約した理由の一つになりましたが、正直使い物にならないです。特に夜間は接続自体が安定せず、Googleを開くのに1分かかることもあり、回線速度も200kbpsなんてこともザラにあります。

「フレッツ光対応」「光ファイバー対応」

「フレッツ光対応」「光ファイバー対応」があれば、光回線を使用することができるという意味です。できるというのは「インターネット無料」とは意味が異なり、フレッツ光などの光回線を共用設備まで導入完了済という意味で表記されることが多いです。また、「光ファイバー対応」の場合、光回線を導入しても大丈夫という意味になります。

ちょっとワンポイント
どちらの場合も光回線を導入する際に工事が必要になりますので、必ず事前に大家さんや管理会社に連絡し、光回線を導入したい旨とどこの光回線を使用したいかを伝え、導入可能か確認しておきましょう。また、退去時に原状回復が必要なのかも確認し、退去時に必要な原状回復をしておくことで余分な修繕費を取られることもなくなります。

2.開通までの期間

光回線の導入ができる確認ができたら、いよいよ光回線の申込みです。光回線は申込みから開通までにかかる期間は約2~4週間です。引越しの繁忙期になると、工事日などの都合が合わないと1ヶ月以上かかることもあります。ですので、時間に余裕を持って光回線の導入可否や申込みをしておきましょう。

光回線の選び方

月額料金/工事費

建物の部屋数によって、月額の料金プランが異なります。マンションやアパートの場合、部屋数が多ければ多いほど、光回線を契約する見込みが多くなるため、その分、料金プランが安く設定されています。たとえば、auひかりであれば、16契約以上であれば月額3,800円になり、8契約以上であれば月額4,100円といった料金プランに差額が発生します。また、建物の部屋数が少ないアパートなどの場合、一戸建ての料金プランで契約が必要になることもありますので注意が必要です。

▼ 光回線の月額料金/工事費の例

サービス名 auひかり SoftBank光 NURO光
プラン名 タイプV マンション・ギガスピード NURO 光G2V
最大速度(下り) 1Gbps 1Gbps 2Gbps
月額料金 16契約以上 3,800円 3,800円 4,743円
8契約以上 4,100円 3,800円 4,743円
初期費用 契約事務手数料 3,000円 3,000円 3,000円
基本工事費※分割支払 37,500円 24,000円 40,000円
土日祝日工事費 3,000円 3,000円 3,000円

自動更新/違約金

ドコモやソフトバンクやauといったモバイル回線と同様に基本的にどのサービス/料金プランであっても2年間の自動更新です(自動更新のないプランもありますが月額で1,000円高くなり、割高ですのでオススメはしません)。仮に契約更新月以外で解約をする場合、違約金を支払う必要があります。マンションと戸建ての料金プランで異なりますが2年間の自動更新で違約金を9,500円で設定しているサービスがほとんどです。

▼ 光回線の自動更新/違約金の例

サービス名 auひかり SoftBank光 NURO光
プラン名 タイプV マンション・ギガスピード NURO 光G2V
契約期間 更新 2年間 2年間 2年間
契約解除料※更新月以外の場合 7,000円 9,500円 9,500円

キャッシュバック

光回線の申込方法には「公式サイト」「家電量販店」「代理店」3種類あります。最終的に契約する先はどれも変わらないのですが、申込先によってキャッシュバックの金額が異なります。公式サイトの場合、キャッシュバックの金額が少なかったり(または、なし)、家電量販店の場合、金額は多くても追加オプションを多数必要だったりします。ですが、「代理店」から申込めば、そういった追加オプションなしで、かつ、多額のキャッシュバックを受け取ることができます。

オススメの光回線

auひかり

キャッシュバック:26,000円
振込:開通後翌月末
申請:不要

auひかりオプション及びプロバイダオプションの加入条件は一切必要なし! auひかり回線+プロバイダのみの新規契約/開通で必ず26,000円と高速無線LANをプレゼント中。キャッシュバックの振込は業界最速の最短1ヶ月で現金振込いたします。 面倒なキャッシュバック申請は一切不要です。お申込み時にお電話にて簡単な手続きで完了いたします。

auひかりに申し込む

SoftBank光

キャッシュバック:24,000円
振込:開通後翌月末
申請:不要

「24,000円キャッシュバック」または「20,000円キャッシュバック+次世代高速無線ルーター or 無線LAN中継機」をプレゼント!キャッシュバックは開通後、最短2ヵ月で現金振込です。 しかも、面倒なキャッシュバック申請手続きは不要なので 申請忘れによる貰い損ねの心配がありません。無線ルーターまたは中継機は、開通工事完了を確認後、 1週間程度で発送されます。

SoftBank光に申し込む

NURO光

キャッシュバック:30,000円
振込:開通後翌月末
申請:不要

光回線の開通で30,000円のキャッシュバック!キャッシュバックの振込も「最短1ヵ月 現金振込」です。申込み時の電話にて申請手続が完了するので、貰い忘れの心配がありません! また、30,000円のキャッシュバック以外にもPlayStation4をプレゼントという特典もございますので、好きな特典を選ぶことができます。

NURO光に申し込む

この記事を書いた人
清水コウタ / 元某量販店の販売員

某家電量販店でのスマホと光回線の販売経験あり。鋭い切り口で目的にあったネット回線を選びます。

shimizu.kota

この記事のシェアはこちらから

コメントを残す

*