トップページ > 光回線 > ソフトバンク光の料金・速度・評判を徹底調査!

ソフトバンク光の料金・速度・評判を徹底調査!

更新日:2015.12.29

ソフトバンク光について、興味を持っているみたいですね。でも、本当にソフトバンク光ってお得になるのか疑問ではないでしょうか。そこで今回はソフトバンク光のサービス内容や料金を徹底比較し、本当にお得なのかを検証してみました。契約する前の参考になれば幸いです。

1.ソフトバンク光とは?

NTT東日本/西日本が持っている光回線を提供する光コラボを使用したソフトバンクの独自ブランドとして誕生したのが「ソフトバンク光」です。2015年3月1日より提供をスタートしました。光回線サービス「フレッツ光 ネクスト」と同様のサービス内容となっており、回線速度が下り最大1Gbpsとなっており、日本国内でも最速に近い水準を誇ります。

2.ソフトバンク光の3つの特長

マンションなら月額最低4,100円~

回線種別 ソフトバンク光 フレッツ 光ネクスト+YahooBB
ホーム 5,200円 6,200円
マンション 3,800円 4,100円

月額料金が戸建てで「5,200円」マンションで「3,800円」とNTTが提供しているフレッツ光とYahooBBを組み合わせるよりも最大1,000円オトクにインターネットを使用することができます。しかも、既にフレッツ光ネクストを契約中のユーザーであれば、工事費が0円でソフトバンク光に転用できるので転用するだけでよりお得になります。

最大1Gbpsの回線速度

フレッツ光ネクストの最大1Gbpsの回線をそのまま使用しているので、光回線自体の品質はNTTが提供しているものと何ら変わりません(要は看板を付け替えただけです)。Wi-Fiにスマホを接続すれば自宅が超高速のインターネットを体感できます!スマホで動画もゲームもサクサク快適です!

フレッツ光からの乗換えが簡単!!

既にフレッツ光を利用中なら手続きが5分で完了!また、光回線の面倒な工事も発生しませんので契約の手続きのみでソフトバンク光への移行ができます。転用承諾番号を事前に取得されていれば、手続きは電話のみで最短5分で完了します!

3.ソフトバンク光の特長を徹底検証してみました!

ソフトバンク光の料金

回線種別 ソフトバンク光 NURO光 auひかり
ホーム 5,200円 4,743円 5,100円
マンション 3,800円 2,500円 3,800円

・実は特段安くなかった「ソフトバンク光」

固定回線のみの月額料金のみを比較すると、光コラボ以外の回線の方が安いことがわかりました。とくに目立つの「NURO光」で、料金が安いだけでなく、回線速度も最大2Gbpsとソフトバンク光の2倍とサービス面でも圧倒しています。

ソフトバンク光の回線速度

回線速度 ソフトバンク光 NURO光 auひかり
下り
(理論値)
最大1Gbps 最大2Gbps 最大1Gbps
下り
(実測値)
13.41Mbps 845.9Mbps 253.6Mbps

※.時間帯を20時から23時までに限定した際の速度比較です。

・夜間の速度低下が気になるところ

上記の表にある速度はあくまで目安にはなってしまいますが、一番速いのが「NURO光」次点で「auひかり」となっており、ソフトバンクは3位となりました。とくに気になるのが、夜間の速度低下で、これは地域によって差があり、場所によっては1~2Mbps以下になるケースもあるようです。

※ただし、この速度低下はどの光回線でもあり得ることなので、現時点では上記のような結果(2015年12月時点)であるということをご留意ください。

ソフトバンク光の口コミ/評判

ソフトバンク光評価

※.参照元:SoftBank 光回線 | SoftBank 光の料金比較 - 価格.com

評価的にはあまり高くなく、とくに回線速度とサポートに関して不満を持っているユーザーが多い印象です。サポートに電話しても、電話が常に混雑している状況なので、契約前の疑問点がある場合は、その場で説明をしてもらうといった事前の対策が必要そうです。

ヤフーBBコメント

※.参照元:Yahoo! BB(ヤフーBB) | Yahoo! BBの料金比較 - 価格.com

また、ソフトバンク光で契約するとYahooBBが必然的にプロバイダとなりますが、こちらに関しても、契約した際にオプション加入が必須となる場合が多く、必要ないオプションを解約するのが手間や忘れてしまい使ってないのに支払いを続けているなど、注意が必要です。

4.まとめ

・フレッツ光をご利用中の方

フレッツ光を使用していて、乗り換えを検討されている方であれば、少しその考えを再検討してみたほうがいいかもしれません。回線速度やサポート体制を客観的に見た際に、回線速度が低下する可能性やサポート自体がソフトバンクの対応となるため、元のNTTよりもサポート力が落ちることも想定されます。1円でも安くしたいというような、安さを追求するのであれば、乗り換えはありですが、それ以外のモノを求めると厳しそうです。

・ソフトバンク光を新規で申込みを検討している方

上記の乗り換えと同じく、新規で光回線を引くなら再検討が必要です。回線速度やサポート体制の不安もありますが、新規でもらえるキャッシュバックも光コラボの場合、かなり、少ない金額になっています。諸々を踏まえると、公式で3万円のキャッシュバックをしている「NURO光」の方が回線速度やサポート体制を考慮するとオススメの選択肢になります。

↓↓↓話題のNURO光の申込はこちらから

この記事を書いた人
佐藤とも / 当サイト管理人

「Net.Line」編集部のリーダー。今年で32歳になるIT会社勤務。趣味はネット回線の「スピード測定」。固定回線からモバイルまで数多くの回線を契約し、究極のネット回線を探し求めている。最近は、NURO光で「1Gbppsを超えた!」と歓喜。

sato.tomo

この記事のシェアはこちらから

コメントを残す

*