ソネット光プラスの電話サービスはオトク?「So-net光電話」を徹底調査!

ソネット光プラスの電話サービスはオトク?「So-net光電話」を徹底調査!

ソネット光プラスの新規契約を検討中の方に「So-net 光 電話」を解説します。 「So-net 光 電話」は、ソネットが提供する電話サービスで、NTTの加入電話よりも月額基本料・通話料がオトクになります。NTTの一般加入電話を契約中の方であれば、電話番号・電話機をそのまま利用できます。

ソネット光プラスの光電話とは?

「So-net光電話」は、ソネット(ソニーネットワークコミュニケーションズ)が提供している光回線「ソネット光プラス」のオプションサービスです。ソネット光プラスの光回線を利用した電話なので、NTT加入電話よりも月額料金や通話料が安くなります。

事務手数料

お申し込み対象 お申し込み種別 料金
「So-net 光 プラス/So-net 光」と同時にお申し込み 新規・転用・事業者変更 0円
「So-net 光 電話」のみお申し込み 新設 0円
転用 1,980円

工事費

区分 単位 料金
基本工事費 交換機器等工事のみの場合 1工事ごと 1,100円
お伺いして機器工事等を行う場合 1工事ごと 4,950円
交換機器等
工事費*7
基本機能 1利用回線ごと 1,100円
発信者番号通知の変更を行う場合 1番号ごと 770円
セットプラン 1利用回線ごと 1,100円
付加サービス マイナンバー 1番号ごと 770円
ダブルチャネル 1利用回線ごと 1,100円
発信者番号表示サービス 1利用回線ごと 1,100円
ナンバー・リクエスト 1利用回線ごと 1,100円
通話中着信サービス 1利用回線ごと 1,100円
着信転送サービス 1番号ごと 1,100円
着信拒否サービス 1利用回線ごとまたは1番号ごと 1,100円
着信お知らせメール 1番号ごと 1,100円
FAX お知らせメール 1番号ごと 1,100円
着信課金サービス 1フリー・アクセス・ひかり・ワイド番号ごと 1,100円
同番移行 1番号ごと 2,200円
#ダイヤル 1工事ごと 1,100円
特定番号接続サービス 1工事ごと 1,100円
機器工事費
(ホームゲートウェイ)
設置費 1装置ごと 1,650円
設定費 1装置ごと 1,100円

月額料金

プラン名 単位 月額料金
基本プラン 1利用回線ごと 550円
セットプラン 1利用回線ごと 1,650円

ホームゲートウェイ利用料

回線種別 ご利用形態 月額利用料
東日本エリア
So-net 光 プラス (戸建) /
So-net 光 プラス (マンション) 1G
1G対応無線LANルータ 330円
無線LANカードを追加する場合
(2枚目以降1枚ごと)
110円
東日本エリア
So-net 光 プラス (戸建) 100M, 200M

西日本エリア
So-net 光 プラス (戸建) /
So-net 光 プラス (マンション)
無線LANカードを利用しない場合 無料
無線LANカードを利用する場合 110円
無線LANカードを追加する場合
(2枚目以降1枚ごと)
110円
東日本エリア
So-net 光 プラス (マンション) 100M, 200M
無線LANカードを利用しない場合 無料
無線LANカードを利用する場合 110円
無線LANカードを追加する場合
(2枚目以降1枚ごと)
110円

ソネット光プラスの光電話のメリット

So-net光電話を契約するメリットは主に以下の4つです。

  1. 月額料金・通話料が安くなる
  2. オプション料金が安い
  3. auスマートバリューが受けられる
  4. 電話番号がそのまま引き継げる
  5. 支払いが1つにまとめられる

1.基本料金・通話料が安くなる

NTTの加入電話と比較すると、So-net光電話の通話料として3分8円で、NTTの加入電話は3分8.5円です。これだけ見ると、あまり差がないように見えますが、NTTの加入電話は距離に応じて通話料が変動します。距離が遠くなれば通話料が高くなりますが、So-net光電話なら、距離を問わず3分8円です。遠距離の方に長時間または複数回の電話をするような方であれば、NTTの加入電話よりも安くなります。

固定電話(加入電話) So-net光電話
月額利用料 1,450~1,950円 550円
通話料(固定電話) 8~40円/3分 8円/3分
通話料(携帯電話) 66~132円/3分 48~54円/3分

オプションセットプランが安い

So-net光電話でもNTTの加入電話と同じオプションが利用できます。オプション1つ1つの料金はほぼ同じの価格設定ですが、ソネット光プラスでは、オプションをまとめたセットプランがあるのでセットプランを契約するとオプション料金が安くなります。

オプション 固定電話(加入電話) So-net光電話
基本料金 1,450~1,950円 まとめて1,650円
発信者番号表示 440円
通話中着信 33円/回
着信拒否 660円
着信お知らせメール 330円
無料通話480円分(最大3時間相当) なし

NTTの加入電話だと、基本料金にプラスしてオプションが追加され、全部のオプションを追加すると月額3,000円を超えます。ソネット光プラスのセットプランであれば、基本料金にすべて含まれているので、オプションを追加しても1,650円以上かかることはありません。加えて、最大3時間分の無料通話も付与されるので、通話時間が長い方にとってオトクなプランです。

auスマートバリューが受けられる

ソネット光プラスは、auスマホが月額最大1,100円安くなる「auスマートバリュー」対象の光回線です。ただし、So-net光電話に加入しないとauスマートバリューは適用できないので、auスマートバリューを利用したいのであれば必ず加入しましょう。

電話番号が引き継げる

今NTTの加入電話を使用している場合、So-net光電話に申し込みする際に番号ポータビリティを利用すれば、利用している電話番号をそのまま引継ぎができます。また、auひかりやNURO光などの、光コラボ以外の光電話から引き継ぐ場合は「アナログ戻し」という手続きをすれば、電話番号が引き継げます。

So-net光電話の申し込みの流れ

So-net光電話の申し込みの流れは以下の4ステップです。So-net光電話の開通までは2週間~2ヶ月かかります。

  1. アナログ戻しをする(光コラボ以外から乗り換えの場合のみ)
  2. So-net光電話へ申し込み
  3. ソネットから工事内容の確認
  4. NTTから工事日確定の連絡がくる
  5. 工事が行われる

※auひかりやNURO光などの光コラボ以外からの乗り換えで電話番号を引き継ぎたい場合、申し込み前に「アナログ戻し」という手続きが必要になります。

アナログ戻しの手続き窓口

NTT東日本:0120-116-000
NTT西日本:0800-2000116

So-net光電話を申し込む

・ソネット光プラスと同時申込をする場合

ソネット光プラスと同時申込する場合は、申し込みフォームのオプション選択画面にてSo-net光電話を選択しましょう。利用中の番号を引き継ぎたい場合は、以下の「番号ポータビリティ」にチェックを入れれば、So-netが引継ぎの手続きをしてくれます。

工事日当日に、ソネット光プラスの光回線の工事と同時So-net光電話の工事も行われるので、ソネット光プラスが開通したらSo-net光電話も利用できると言う流れです。

・ソネット光プラスを利用中で光電話だけ申し込む場合

ソネット光プラスすでに利用している場合は追加で申し込みましょう。追加で申し込む場合は、So-netサポートデスクまたはWEBで手続きが行えます。

WEB窓口
So-net光電話の申し込みフォーム

So-netサポートデスク
電話番号:0120-80-7761
受付時間: 9:00~18:00(年中無休)

工事が行われる

工事が必要な場合は30分~1時間程度の工事が行われます。ソネット光プラスと同時申込みの場合は光回線の工事と一緒に行われます。電話申し込みをした際に工事不要となった場合は、別途、NTTから送られてくるホームゲートウェイを設置・接続すれば、So-net光電話が使用できます。

So-net光電話の注意点

電話番号が引き継げない場合がある

So-net光電話で新規発番された電話番号は、光コラボのひかり電話以外に引き継げません。そのため、ソネット光プラスを解約後も同じ番号を使用したい場合、So-net光電話を新規契約する前にNTTの「加入電話・ライトプラン」に加入して、NTTで固定電話の発番をした後に、ソネット光プラスに申し込みする必要があります。ちなみに、区市町村を跨いで引っ越しする場合、市街局番が変わるため、電話番号の引き継ぎができませんのでご注意ください。

停電時に使えない

So-net光電話は光回線を使用した通話サービスなので、停電などでインターネットの接続ができないと、So-net光電話も使用できなくなります。

So-net光電話の解約方法

ソネット光プラスと同時に解約する場合は、同時解約となります。「So-net光電話だけを解約」する場合は以下の手続きが必要です。

解約手続きをする

固定電話が不要になった場合、So-netサポートデスクで解約手続きをしましょう。

So-netサポートデスク
電話番号:0120-80-7761

別の電話事業者に変更する場合、「番号ポータビリティ」手続きをすれば、手続き完了時にSo-net光電話は解約となります。

利用機器の停止・返却

レンタルしている機器によって、So-net光電話解約時に、電話機能を停止して使用できなくするか、機器の交換・返却が必要になる場合があります。返却の場合は、NTTから「回収キット」が郵送されるので、回収キットに従い機器を返却しましょう。

ソネット光プラスの関連記事

So-net光プラスのキャッシュバック比較
ソネット光プラスを解約する手順と注意点
ソネット光プラスの評判を検証!
フレッツ光からソネット光プラスに転用する方法と注意点
ソネット光プラスのルーターはレンタルがオススメ!
ソネット光プラスの提供エリアを徹底調査
ソネット光プラスの引越手続をわかりやすく解説
ソネット光プラスの電話サービスはオトク?
ソネット光プラスのテレビサービスどれを選べばいいの?
ソネット光プラスの回線速度は遅い?遅い原因と解決策を解説!